フランス全土で抗議デモ・ストライキ 年金受給年齢の引き上げ案に

国際・海外


フランスでは、政府が発表した年金の受給年齢の引き上げ案に反発した、大規模ストライキがフランス全土で行われている。

フランス政府は10日、実質的な定年退職年齢に当たる年金の受給開始の年齢を、現在の62歳から64歳に段階的に引き上げる案を発表し、2月から議会で審議される予定。

年金財政の赤字を回避することが目的で、マクロン大統領は大統領就任以来、最重要課題のひとつとして挙げてきた。

また、公務員や鉄道職員への特別制度の廃止も盛り込まれていて、パリ市内ではストライキで地下鉄が止まるなど、市民生活に大きな影響が出ている。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州