ガーシー議員の「要人面会等で開会日を欠席」主張認めず 参院

政治・外交


昨年7月の登院以来、一度も登院していないNHK党のガーシー参院議員について、参院の議員運営委委員会の理事会は20日、海外要人との面会などのため1月の国会開会日に出席せず、3月上旬に帰国して出席するというガーシー氏の主張を認めないことを確認した。

ガーシー氏が事務所を通じて参院に提出した文書では、「1、2月は、既に各国の要人との面会を含めた予定を入れてしまっているため、23日の国会開会日の登院は難しい」「予算審議が始まる3月上旬に帰国し、国会へ出席したい」としている。

理事会では、出席したすべての会派が、23日に開会する通常国会でのガーシー氏の海外渡航を認めないことで一致した。
さらに、ガーシー氏が参院に提出した文書での主張も認めないことでも一致した。

そして、議院運営委員会は、ガーシー氏が23日の参院本会議に欠席した場合、すみやかに登院するよう求める文書を、NHK党の浜田参院議員やガーシー氏の事務所に手渡すことを決めた。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース