原則 春に「5類」引き下げ 岸田首相が方針表明

政治・外交 社会


岸田首相は、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けについて、現在の「2類相当」から季節性インフルエンザと同じ「5類」に、原則として2023年の春に引き下げる方針を表明した。

岸田首相「原則として、この春に新型インフルエンザ等感染症から外し、5類感染症とする方向で、専門家に議論していただきたい」

岸田首相は「平時の日本を取り戻していく」と述べ、新型コロナの法律上の扱いを季節性インフルエンザと同じ「5類」に、原則として2023年の春に引き下げる方針を表明した。

「5類」に引き下げると、感染者や濃厚接触者の自宅待機など行動制限がなくなることになる。

また岸田首相は、ワクチン接種について、「類型の見直しに関わらず実施していく」として、接種を継続する考えを示したほか、マスク着用について「見直していく」と述べた。

政府内では、屋内でのマスク着用についても、発熱している人などを除き、原則不要とする方向で調整している。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース