韓国の高級住宅地の一角で火災 「格差の象徴」激しく燃える

国際・海外


韓国・ソウル市内の高級住宅地の一角にあるスラム街で、大規模な火災が発生した。

20日午前6時半ごろ、ソウル市内のスラム街で火災が発生し、消防や警察など900人以上が消火活動にあたった。

火は、およそ5時間後に消し止められたが、住宅およそ60戸・2,700平方メートルが焼けた。

人命被害は、これまでのところ確認されていない。

火事があった地域は、ソウル有数の高級住宅地・江南(カンナム)の一角に残るスラム街で、韓国社会における「格差の象徴」とされている。

この火事で、住民500人が避難対象となった。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア