レンタル電動キックボード廃止も パリで事故続発 住民投票へ

国際・海外


記者やデスクがとってきた、気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

一気に普及したレンタル電動キックボードが、パリで今、廃止の危機を迎えている。

交通事故や乗り捨てなどが増えたため、市は、レンタル会社の数を減らしたり、場所によって、時速10kmのスピード制限を設けさせるなどしてきた。

しかし、2022年1月から8月までに、関連する事故で1人が死亡、373人が負傷した。

そこでウラ情報は、「事故やマナー違反の責任はレンタル会社に」。

市は、電動キックボードのレンタルサービスを続けるかどうかを問う住民投票を、2023年4月に行うと決めた。

手軽な便利さか交通安全か、パリ市民が下す判断に注目。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース