高速「深夜割引」見直しへ 料金所前の渋滞が問題

経済・ビジネス


高速道路料金の深夜割引の制度が見直される。

現在は、午前0時から4時までの間に高速道路を少しでも走れば、走行したすべての区間の料金が3割引きになる。

そのため、料金所の前で時間調整をするトラックなどによって渋滞が発生し、問題になっている。

これを受け、国交省は割引の対象時間を午後10時から午前5時に拡大し、この時間に走行した分だけ3割引くよう制度を見直すことを決め、2024年度中の開始を目指している。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース