キャリーケースから切断遺体 川には水死体も...関連は 防犯カメラに“白い車”

社会


防犯カメラがとらえた、1台の白い車。
車内から出てきたのは、切断された遺体の一部だった。

和歌山市内を流れる紀ノ川付近で、事件は発覚した。

工事関係者から、川沿いの堤防に放置された車があるとの通報が入ったのは、18日午後5時半ごろ。

車を警察が調べたところ、車のトランクから血のついた黒いキャリーケースが発見された。

さらに、近くの橋の下からは、赤いキャリーケースが見つかり、どちらにも切断された遺体の一部が入れられていた。

また、同じ川の下流からは、別の遺体も発見された。

18日朝に2つのキャリーケースが見つかった場所から、およそ2km離れた川の河口で発見されたのは、目立った外傷のない中年男性の水死体。

放置された車に残されていた免許証の顔写真と、遺体で見つかった中年男性が似ていることから、同一人物とみられている。

現場付近の防犯カメラがとらえた18日朝の映像。

川の堤防の近くには、白い車。
切断された遺体を積んでいる車とみられている。

その後、午後6時ごろになって通報が入り、多くのパトカーが駆けつけ、現場は一気に騒然とした。

放置車両を目撃した人「最初に(車に)気づいたのは、18日朝から止まっていた。無人なのは見ました。こんなところに止めて邪魔だなと」、「軽自動車のワンボックスだと思う。そんなに大きな車ではなかった」

放置されていた車は、和歌山市内のレンタカー会社で借りられていたことが、20日、新たに判明。

警察は、死体遺棄事件として捜査している。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 和歌山県