一度あることは二度ある 2人の関係はまさかの... ブラジル

国際・海外


陽気に口笛を吹く男性。
店を閉めるため、シャッターの柱を立てようとした次の瞬間、倒れた柱が座っていた男性の足に直撃。

男性は足を押さえ、痛みでもだえている。

足の状態を確認するため、急いで靴を脱ぎ、はだしに。

その様子を心配そうに見ながら、柱を元の位置に戻そうとする男性。

嫌な予感は的中する。

直撃を受けた男性が、痛みのあまり下を向いた次の瞬間、今度は、柱が男性の頭を直撃。

足に、頭に2度も柱の直撃を受けた男性。

柱を立てようとした男性とは、ある特別な関係だった。

実は、義理の父と娘婿だった。

マスコミの取材に応じた義父は、「彼(娘婿)は壊れた古い車と借金のため、わたしの遺産を手に入れようとした」と、娘婿にとっては笑えないジョークを話していた。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国