4歳児 実弾入り銃で遊ぶ 恐怖の行動 引き金を引く

国際・海外


国民全世帯の半数近くが、銃を所持しているといわれる銃社会・アメリカ。

しかし、インディアナ州のアパートで見られたある光景は、全米を震え上がらせた。

おむつ姿の4歳児が手に持っているのは、銃。
しかも、実弾の入ったもの。

すると、引き金を引いた。
弾は発射されない。

銃をおもちゃ代わりにするこの子どもを見て、隣に住む人が警察に通報した。

当時の状況について、「あの子はわたしに銃を向けて、こう言ったんです。『見て、こんなの持ってるよ!』と。そして笑っていました」と話している。

この信じられない出来事が、アメリカ中に知れわたったのには理由があった。

通報を受けて駆けつけた警察官。

実は、この様子を警察に密着するテレビ番組が生放送していた。

警察は、子どもの放置と危険な銃の管理の容疑で、父親を逮捕。

父親は、「体調が悪く、子どもが外に出たのに気づかなかった」と容疑を否認している。

銃には、実弾が15発入っていたが、発砲できない状態で、けが人はいなかった。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国