コロナ 今春「5類」に引き下げへ マスク着用 屋内原則不要へ

政治・外交


岸田首相は、新型コロナウイルスの感染症法上の扱いについて、2023年の春にも季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げる方針を表明した。

岸田首相「原則として、この春に新型インフルエンザ等感染症から外し、5類感染症とする方向で、専門家に議論していただきたい」

岸田首相は、「平時の日本を取り戻していく」と述べ、新型コロナの法律上の扱いを、2023年の春にも、現在の「2類相当」から季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げる方針を表明した。

「5類」に引き下げると、感染者や濃厚接触者の自宅待機などの行動制限がなくなる。

また、マスク着用について、岸田首相は「見直していく」と述べていて、政府内では、屋内でも発熱している人などを除き、原則不要とする方向で調整している。

立憲民主党・泉代表「マスクの着用を見直していくのは、わたしは1つの流れだと思う」

一方、立憲民主党の泉代表は、新型コロナの扱いが「5類」に引き下げられた場合でも、「ワクチンや治療薬の公費負担は継続するべきだ」と訴えた。

(FNNプライムオンライン1月20日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース