イマドキのペットショップにあふれる“その人らしい動物と過ごす生き方” 多種多様なライフスタイルを投影

暮らし

ライフスタイルが多様化するいま、ペットショップには様々な動物がいる。イマドキのペットショップを取材した。

テストの成績で… 目当ての小型犬を迎えるための父と娘の約束


オシャレな若者が集う、名古屋市中区栄の「名古屋パルコ」。東館の5階、ワンフロア丸々店を構えているのがペットショップだ。


2022年4月にオープンした「矢場動物堂」。


まだ小さいけれど元気な犬や、あいくるしい表情の子ネコ。


だが、この店にいるのはイヌやネコだけではない。アフリカ出身のミーアキャットに…。


大きめのウサギのような…ネズミのような…?


そこにいるのは、150種類の動物たち。


動物たちとのときめく出会いが待っている。


開店は午前11時。イヌやネコのコーナーに、次々と客がやってきた。


家のような少し広めのスペースでじゃれあう子に、のんびり、ゴロゴロ…。そのカワイイ姿に、客もメロメロだ。


男子高校生(17):
もう最高です。めちゃくちゃかわいいので

イヌに釘付けになっている女の子もいた。目当ての小型犬を飼うために、父親とある約束をしているという。


父親:
(テストで)学年15位

娘:
(15位に)入らな飼えやん…

娘:
(テスト頑張れそう?)頑張る


約束を果たしたら、いっぱいかわいがってあげよう。

「意外とハードルが低い」 カラスを“飼ってみたいリスト”に入れる人も


小動物ゾーンには意外な動物もいた。


アヒルやハリネズミなどに混じって…。


思わず誰もが足を止める動物。

女性A:
かわいい~

見惚れる人もいるが…。

子供:
近くに寄らないで!

怖がる子供も。カラスだ。


猟期や猟区を守って捕獲し、繁殖された飼育用のカラスだ。


店員:
これくらいの犬ケージなんですけど、これくらいの大きさで

女性B:
大丈夫なんですか?

店員:
はい

女性B:
何食べるんですかね?雑食なイメージがあるんですけど

店員:
いま、お店ではキャットフードとドッグフードを混ぜたものをあげたりとか、野菜とか果物をあげています

女性B:
噛んだりはしないですか?

店員:
噛んだりはしないです

女性B:
しないんだ!すごい!意外と(飼う)ハードルが低い


女性Bの夫:
思っていたよりは低い。飼ってみたいものリストには入った

実家にはヤギ、ブタなど17頭…“動物王国”になったきっかけは


イマドキのペットショップは、動物を「見せるだけ」ではない。店内でも一番の人気スポットは、ミニブタとのふれあいコーナーだ。


30分1100円で、自由奔放なブタたちと遊び放題。(プチブーファーム:30分 大人1100円 小学生以下660円)


男の子:
かわいいわ~。ここら辺が温かいわ、横らへんがね、プニプニしているし。毛が意外と硬くて気持ちいい


触れて感じる、体温・柔らかさ・毛並み。街中にいながら動物と触れ合う癒しの時間に、大人も子供も夢中だ。


女性C:
おしっこした…

友人の女性D:
あ~大丈夫?すごい量だけど

女性C:
すごいね。ハハハハハ

ブタのおしっこに大笑いする、高校時代からの友人同士。

女性C:
動物はすごく好きで、2人とも昔から動物がいる所に行ったりしていて…

女性D:
実家に豚がいるんですよ!

女性C:
ヤギと豚とかがいて。母親が柵とかを作って…

豊橋市の実家で、ヤギやブタを飼っているという女性(29)。


母親が暮らす実家を訪ねると、確かにいた。


ほかにも、烏骨鶏や…。


ふと見上げると、部屋の中にもたくさんの鳥。家畜ではなく、みんなペットだという。


そしてヤギもいた…。


女性Cの母親(54):
(何頭いる?)全部で17頭です。子供のころは大型の動物じゃなくて、全部小型の動物しか飼えなかったので、ここで一人(暮らし)なので大型でも飼えるかなと。それから(増えました)


悠々自適、「一代で築いた」“どうぶつ王国”。ここまで増えたのは、ただの「道楽」ではない。

女性Cの母親:
子ヤギが生まれたばかりの子がいて、その子たちも処分すると言っていたので、生まれてすぐにそれではかわいそうでしょって引き受けた

1匹1頭1羽が等しく尊い、大切な「いのち」。「家族」として一生愛情を注ぐ、覚悟を持って暮らしていた。

将来は“さかなクン”か“ムツゴロウ”か 生き物大好き兄弟の尽きない興味


このペットショップでは、「魚のエサやり体験」(1回200円)もできる。


小学生の男の子:
おー、おー、おー!食っちゃった、食っちゃった。はや!一瞬じゃん

ごはんをあげていたのは…「ピラニア」。


肉食で怖いイメージもあるピラニアだが、実は飼育用としても親しまれているという。

店にいる魚に夢中の小学生の兄弟、東谷怜磨くん(10)と拓磨くん(8)。

東谷怜磨くん(10):
魚の模様とかかっこよくて、形とか、そこらへんを見ていると、わくわくして楽しい


父親の東谷光晴さん(39):
これが家で飼っている…


東谷怜磨くん:
(なんという魚?)エンドリケリーだね

東谷光晴さん:
ポリプテルス・エンドリケリーという古代魚


東谷怜磨くん:
2億年前のデボン紀っていう時代にいた…、まだ地上がなかった時代かな?

すごく詳しいが、魚だけが好きな「さかなクン」ではない。

東谷怜磨くん:
この辺でパッと捕まえたりします


東谷怜磨くん:
あっ逃げるな!捕まえた!

東谷怜磨くん:
(カナヘビは)外で暮らすから、ちょっとした石とかが飛んできても大丈夫なように、身を守るために(背中が)ゴツゴツしている


家には古代魚にくわえ、カナヘビやイモリ…。


クワガタなどたくさんの生き物がいた。


尽きることのない生き物への興味の源は、「図鑑」だ。


東谷光晴さん:
読みに読んだ熱帯魚の本で、この子たちも大好きでこんなボロボロの状態になっています


東谷怜磨くん:
このアロワナは(体長が)1メートルくらいになって、虫が葉っぱについていたらジャンプして水から飛び出てバシャ―ンって飛んで、パクっと食べるんですよ

母の東谷裕子さん(40):
今みたいな感じで、本を見ながら一生喋っています。興味を持ったことに熱中するのはすごく賛成なので、好きって素晴らしいなと、なんでも吸収できちゃうので

教科書は「家の庭」と「お気に入りの図鑑」。将来は“さかなクン”か“ムツゴロウさん”かもしれない。

多種多様の生き方があふれるイマドキのペットショップ


若い女性D:
めっちゃ元気ですね。一目ぼれして、インスタで見てかわいくて


店員:
最初の1週間バスタオルをかけてもらって…

この女性は一目ぼれしたハムスターを「家族」に迎え、新生活を始めることに。

若い女性D:
いろいろプライベートであったりだとかすると、人間関係とか。帰ってきて癒されますね、嫌なことがあっても

主婦の女性E:
ん~、もう歳だから私は(飼えない)。(ここが)憩いの場所かも、癒される


若い女性F:
犬を飼っていたことがあったので。チワワです。思い出しちゃいますね、近寄ってくれると、飼っていた頃を


ライフスタイルは多種多様。イマドキのペットショップは、その人らしい動物と過ごす、それぞれの生き方が溢れていた。

2022年10月31日放送
(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン1月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース