体をじんわり温め血行促進、リラックス効果も! この冬おすすめ「温灸」で冷え解消へ【宮崎発】

暮らし

「体が冷えてつらい」という方へおすすめの、体をじんわり温める「温灸」。宮崎市にある「くすりのキリン堂」で、漢方アドバイザーとしてさまざまな悩みの相談に応じている瀬戸口司さんに話を聞いた。


リラックス、安眠も…漢方アドバイザーが薦める「温灸」とは

尾田考美リポーター:
私も冷え性で、毎年冬は本当につらいです。なんとかなりませんか?

漢方相談 くすりのキリン堂 瀬戸口 司さん:
冷えはつらいですよね。冷えると、肩こり、風邪、腰痛、膀胱炎など、いろいろ不具合が出てくるので、体を温めることが大事だと思います。そこでおすすめしたいのが、この温灸器なんです


尾田考美リポーター:
なんだか不思議な形ですね


漢方相談 くすりのキリン堂 瀬戸口 司さん:
実はこれはお灸の一種なんですが、ちょっと違うのが、お灸はピンポイントですが、温灸は面で当てていくものです。まず、耳に当てて使います。


耳を温めるという、画期的なスタイルの「温灸」。容器の中に、モグサを炭化させたものに松節とシナモンエキスを加えた「温灸剤」をセットして使う。


火をつけることで体を温めると同時に、香りのリラックス効果も期待できる。


尾田考美リポーター:
耳を温めるってとても新鮮。すごく気持ちいい。香りもほのかな感じなので、落ち着きます

漢方相談 くすりのキリン堂 瀬戸口 司さん:
耳には全身のツボが集まっているので、血行が促進されてリラックスできるんです。

実はこの温灸、耳以外の場所にも気軽に使える。
足の冷えには、うちくるぶしの上にあるツボ「三陰交(さんいんこう)」。おなかは、おへそのところにある「神闕(しんけつ)」、肩コリには「大椎(だいつい)」がおすすめ。

上から時計回りに、「三陰交」、「神闕」、「大椎」
上から時計回りに、「三陰交」、「神闕」、「大椎」

1回で30分ほど使えるため、いろいろな気になるところを温めることができる。

尾田考美リポーター:
面が広いので気持ちいいです

漢方相談 くすりのキリン堂 瀬戸口 司さん:
そうなんです。温灸のあとはよく眠れるという方が多いんです。「気持ちいい」、「幸せ」と感じることがとても大事だと思うんです。(温灸は)いつでも1人で簡単にできますし、煙も出ないので、ぜひ体験していただきたいです

体を内側から温め、凝り固まった筋肉と心も癒す温灸で、この冬は冷え知らずを目指してみては?

(テレビ宮崎)

(FNNプライムオンライン1月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース