収獲後わずか15分でタルトに 超新鮮な「フルーツタルト専門店」きっかけはアメリカでの発見【愛知発】

地域 旅と暮らし

愛知県知多市にある、収穫から最速15分で客に提供するという超新鮮なフルーツタルトの専門店が話題になっている。

イチゴもブルーベリーもブドウも…自社農園から直送

愛知県知多市の「フルーツタルト ソービー」は、フルーツタルトの専門店。


2022年10月にオープンしたばかりで、客が見つめるショーケースには約10種類のおいしそうなフルーツタルトが並んでいる。


洋ナシが載ったものから、モンブランに、柿まで。地元・愛知県産の素材を中心に使っているが、この店のタルトには他にはない特長がある。


フルーツタルト ソービーの馬場憲之社長:
どこよりも早くフレッシュなものを

知多市内にある600坪の農業用ハウスは、タルト店の「自社農園」。中でイチゴを栽培している。


馬場憲之社長:
タルトに使う「よつぼし」という品種です。果肉が硬いのと、香りもあって酸味・糖度もあるので、非常にバランスが良くてスイーツとすごくマッチングしますね


収穫したてのイチゴを専用の箱に詰め、車で移動すると、店へは10分で到着。このイチゴをすぐさまカットして、濃厚なクリームチーズを使ったタルト生地に載せれば、ストロベリータルトの出来上がり。収穫してからの所要時間は、僅か15分だった。


他に、ブルーベリーやブドウも自社農園から“産地直送”している。


始めたきっかけは、馬場社長が40歳の時に訪れたアメリカ・オレゴン州での発見。


馬場憲之社長:
「SEED TO TABLE」といって、農家が自分たちでお客さまの口元に届くところまで全部サービスしてしまうという新しいカルチャーを見て、豊かに働いているのとか、来ているお客様も幸せにしているなと思ったので、自分たちも「それを日本で」と思って始めました

種から客のテーブルに乗るまで、全てを賄うというもので、フレッシュさを提供でき、雇用も生み出す。客も地元もうれしい方式だ。

(東海テレビ)

(FNNプライムオンライン1月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース