80歳女性店主が揚げる“最後の山賊焼き” 多忙のクリスマス終え…峠の人気食堂閉店【長野発】

地域 暮らし

山賊焼きが名物だった食堂の閉店。長野県塩尻市の善知鳥峠にあった食堂が12月25日、56年にわたる歴史に幕を下ろした。80歳の女性店主が揚げる最後の「山賊焼き」と閉店を惜しむファンたちを取材した。

大きな山賊焼きが人気

開店を待つ客の行列。ここは塩尻市・善知鳥峠の「小松食堂」。


寒い中、並んで待った客の「お目当て」は、大きな山賊焼きの定食や丼だ。

店員:
山賊定食です。はいどうぞ~、お待たせしました


辰野町から:
あっつ。インパクトすごいよね

市内から:
一番うまいっす

市内から:
安くてボリュームもすごいのでお腹いっぱいになる

56年の歴史に幕


山賊焼きを求めてこれまでも多くの客が通ってきたが、この日のにぎわいにはもう一つ、理由があった。

2022年12月21日
2022年12月21日

松本市から:
近々、最後ということなので、きょうは食べ納めで

辰野町から:
これで終わりになっちゃうのが残念ですね

食堂は2022年の年末、56年の歴史に幕を下ろすことにしたのだ。


あるじの小松和子さんは80歳。

小松食堂・小松和子さん(80):
(閉店に迷いは?)ない、ないです。一気に駆け抜けた感じ。56年ってそんなに長いと思わない。なんか無我夢中だったね

自身の体力・気力を考えての決断だった。

食堂の始まりは昭和41年。別の人が営んでいた峠の食堂を義理の母・芳子さんが譲り受け、和子さんを誘って営業を始めた。


小松食堂・小松和子さん(80):
(前の食堂の)ご主人が体調悪くてやめたいけど、ここやってくれないかって言われたらしいんですよ。(芳子さんは)人にご飯作ってあげるのが好きだったみたいで、やりたいって

閉店を知らせる張り紙
閉店を知らせる張り紙

国道沿いということで店はドライバーたちでにぎわい、やがて夫の勝美さんも会社を早期退職して店に入った。

小松食堂・小松和子さん(80):
まだ高速道が開く前だからね、トラックの運転手が多かったですね

2001年に芳子さんが亡くなり、2015年には主に接客を担当してきた勝美さんが病気で働けなくなった。既に70歳を超えていたこともあり、店を閉めようと思ったが…

小松食堂・小松和子さん(80):
もったいないから、やれって言われたんですよ。忙しくなれば姪っ子とかいろいろ手伝ってくれるもんで、何とか続けてこられた

しかし…

小松食堂・小松和子さん(80):
(今年に入って)体に負担がかかって、腰が痛かったり、お父さんそんなふうになってから、力仕事みんな自分がやらなきゃいけない。跡継ぎする人もいないし

鶏むね肉を特製ニンニクだれで漬け込む

仕込み
仕込み

閉店を決めてもすることは普段通り。この日も和子さんは山賊焼きを仕込んでいた。

山賊焼きは開店間もないころ、仕入れ先の精肉店から勧められ、メニューに加えたという。


国産の鶏むね肉を漬け込むのは「特製ニンニクだれ」。リンゴや数種類の野菜が入っている。

小松食堂・小松和子さん(80):
だんだん改良して、いまのタレにたどり着くまではね。ちゃんと、だしだけはとって入れてます、煮干しとか昆布とかかつお節で

一晩、漬けこんだ鶏肉に片栗粉をまぶして…

山賊焼きを揚げる
山賊焼きを揚げる

小松食堂・小松和子さん(80):
(どれくらいの時間揚げている?)勘だね、時間計ったことないし

市内から:
山賊焼きって、もも肉使うんですけど、ここのお肉、むね肉使っていて。むね肉なんですけど、ジューシーで油っこくない。ニンニクしょうゆだれが、すごくおいしいのでここばっかり来ています

辰野町から:
味にコクがあるというか、深みがあるというか。食べやすいですね

こちらの男性は東京から駆け付けた。


東京から:
長野に出張するようになってから初めて(山賊焼きを)ここで食べて。他のお店行ったりしたけど、ピカイチ。全然違って、めちゃくちゃおいしい、必ずここ来ちゃう。なくなるって聞いて、いてもたってもいられなくなって、無理やり出張つくった。すごく悲しいので、真剣に記憶しながら食べてます

小松食堂・小松和子さん(80):
問い合わせもあるんですよ、味を教えてくれないかって。だけど、いちいち計って作っていないから教えられないしね(笑)。もう勘だけだから、果たして同じ味が出せるか分からないですしね

クリスマスに山賊焼き…惜しまれて閉店

12月24日
12月24日

12月24日は1年で最も忙しい日。クリスマスと言えばローストチキンなどを食べるのが一般的だが、この地域の定番は「山賊焼き」。

「小松食堂」も長年、テイクアウトに応じてきた。今年は最後ということもあって、なんと200枚もの注文が入った。


常連客:
親父の代から50年くらいね

小松食堂・小松和子さん(80):
お父さんが来てくれていた、最初ね


常連客:
そうだよ、こんな子どもの頃からよく連れてこられたもん。さみしいね、ここの山賊焼きで大きくなったようなものなので。ここの山賊焼きが(クリスマスの)一番のごちそうでしたね。あとは小さいケーキと


花を贈る客も…

市内から:
長い間、頑張ってご苦労さまでした

市内から(花を贈った客)
市内から(花を贈った客)

市内から:
(花は)気持ちでね、長いお付き合いでしたから。急にこんな、閉店されるということで、なんかさみしい思いで、ちょっと涙もろくなったんですけどね


午後6時、この日最後の客を見送る―。

小松食堂・小松和子さん(80):
長い間、ありがとうございました


小松食堂・小松和子さん(80):
やり切った感じ。最後にみんな「おいしかった」とか、大勢来て、惜しまれてやめるなんて、一番いいなと思って。感謝しかないですね、お客さまに

クリスマスの食卓のために山賊焼きを揚げ続けた小松和子さん。多くの人に味の記憶を残し、12月25日、静かに店を閉めた。

(長野放送)

(FNNプライムオンライン1月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース