大学生就職内定率 前年上回る84.4% 2年連続で回復

社会


この春に卒業予定の大学生の就職内定率は、前の年に比べて1.4ポイント増え、84.4%だった。

文部科学省と厚生労働省の調査によると、2022年12月1日時点で、2023年の春に卒業予定の大学生の就職内定率は84.4%で、前の年の同じ時期と比べて1.4ポイント増えたという。

男女別では、男子大学生が82.8%、女子大学生が86.5%で、いずれも前の年の同じ時期と比べて、1.5ポイント高くなった。

この調査は、全国62の大学を対象に行われていて、新型コロナウイルスの影響による落ち込みから、2年連続で回復したことになる。

(FNNプライムオンライン1月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース