英・スナク首相に罰金 シートベルト着用せず

国際・海外


イギリスのリシ・スナク首相が、車のシートベルトを着用せずに移動し、地元警察はスナク首相に罰金通知を出した。

イギリス・スナク首相「わたしの新年の約束のひとつは、経済を成長させることだ!」

スナク首相は19日、イングランド北西部を車の後部座席に乗り移動中、シートベルトを着用していなかった。

スナク氏が、車内から自身の様子をSNS上で公開したことから発覚。

地元警察が調査に着手し、20日、「ロンドン出身の42歳の男性に罰金通知を出した」と発表した。

シートベルト着用義務違反は、最高で500ポンド、日本円でおよそ8万円の罰金となる。

イギリスの首相官邸は、「首相は過ちを認め、謝罪しました。もちろん罰金は支払います」と声明を出した。

(FNNプライムオンライン1月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州