NYマーケット反発 ダウ3万3375ドル49セント ナスダック1万1140.44

国際・海外


週末20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発した。

アメリカのFRB=連邦準備制度理事会による金融引き締めのペースが鈍化するとの観測が強まり、買いが膨らんだ。前日までの3日続落で値ごろ感が出たのも買いを促した。

決算発表を控えたIT企業などハイテク銘柄が買われた。

結局、ダウ平均は前日比330ドル93セント高の3万3375ドル49セントで取引を終えた。

また、ハイテク株主体のナスダック総合指数も反発し、288.17ポイント高の1万1140.44だった。

(FNNプライムオンライン1月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国