あすにかけ 大雪・吹雪に注意 日本海側 交通障害のおそれも

社会 気象・災害 暮らし


北海道内は冬型の気圧配置が続き、22日にかけても日本海側で大雪や吹雪に注意が必要。

札幌市と小樽市を結ぶ高速道路では21日朝、吹雪により断続的にホワイトアウトの状態になった。

午後4時までの24時間降雪量は、札幌市南区で30cm、小樽市では24cmを観測した。

小樽では、吹雪の中、商店街の人たちが雪かきに追われていた。

小樽市民「朝起きたらどっさり積もっていて、大変でした」

22日朝にかけて予想される雪の量は、日本海側の多いところで30cmなどとなっている。

日本海側は、22日にかけて大雪や吹雪による交通障害に注意が必要。

(FNNプライムオンライン1月21日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース