中国 “制限なし”の春節始まる 大型連休で「21億人」大移動

国際・海外


中国では22日、新型コロナによる行動制限のない初めての旧正月の春節を迎え、地方都市では爆竹が鳴り響いた。

葛西友久記者「奥で男性が爆竹に火をつけようとしています」

中国・東北地方の大連では、春節の年越しに合わせ市民が爆竹を鳴らし、花火が打ち上げられた。

大連市内では2022年、大気汚染の問題から爆竹などは禁止となっていたが、2023年は、新型コロナによる行動制限がなくなったことに合わせて、ほとんどの場所で解禁された。

市民「コロナのせいで、ここ数年あまり良くなかった。爆竹をすることで、新年は良くなってほしい」

春節の大型連休で、延べおよそ21億人が移動する見通しで、習近平指導部は、医療体制が弱い農村部などに感染対策の徹底を指示している。

(FNNプライムオンライン1月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア