首相のウクライナ訪問「決まってない。しっかり検討はする」 木原官房副長官

政治・外交

木原誠二官房副長官は22日、フジテレビ「日曜報道 THE PRIME」に出演し、岸田首相のウクライナの首都キーウ訪問について、「現段階では何も決まってない」とした上で、「しっかり検討はしていかなければいけない」と述べた。

岸田首相は、6日、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談した際、ウクライナ訪問の招待を受けている。


木原副長官は番組で、「G7(主要7か国)の議長国になる。G7の大きな議題の一つは、間違いなくウクライナだ」と強調した上で、「現段階では何も決まってないが、しっかり検討はしていかなければいけない」と述べた。

さらに木原副長官は、「まさに紛争が起きている地域だから、安心安全が最も重要だと思う」と述べ、ウクライナを訪問する場合は、警備態勢が大きな課題になるとの認識を示した。

(FNNプライムオンライン1月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース