岸田首相 日銀総裁交代を明言 後任は2月に国会提示へ

政治・外交 経済・ビジネス


岸田首相は、22日放送されたBS番組で、4月8日に任期満了を迎える日銀の黒田東彦総裁の交代を明言した上で、後任人事案について、2月に国会へ提示する見通しを示した。

岸田首相は、日銀総裁について「人は代わる」とした上で、「任期は4月8日なので、4月時点の経済状況を考えた上で、誰がふさわしいのか、これから判断しなければならない」と述べた。

日銀総裁の人事は国会の同意が必要となる。岸田首相は、「人事を決定した上で国会に提示する」とした上で、国会日程などを考えると、人事案の提示は2月になるとの見通しを示した。

また、岸田首相は、政府と日銀が安倍政権時代の2013年に結んだ政策協定を見直すかどうかを問われ、「新しい総裁が決まってからの話だ。今は何も決まっていない」と述べた。

(FNNプライムオンライン1月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース