王将戦第2局 激しい攻防 藤井五冠 対 羽生九段

社会 文化


将棋界・夢の対決2日目は、激しい攻防が続いている。

大阪・高槻市で行われている、藤井聡太五冠(20)と羽生善治九段(52)による「王将戦」七番勝負の第2局。

2日目の22日は、羽生九段が「封じ手」を開封し、61手目を指して、対局が再開された。

第1局を制した藤井五冠が連勝するか、それとも通算100期目のタイトルを狙う羽生九段が1つ取り返すのか、注目の1戦は、午後5時40分現在も続いていて、夜までに勝敗が決まる見通し。

(FNNプライムオンライン1月22日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 大阪府