奇妙な空に人々ざわつく 巨大な“口” 真っ赤な夕焼け トルコ

国際・海外


走る車から撮影された映像。
道の向こうに見える山と比べると、巨大さがわかる。

赤黒い輪が2つ重なり、まるで生き物が口を開けているようにも見える。

19日の朝、トルコ西部で、およそ1時間出現。
数千人が、この光景を目撃した。

しかも前の日の夕方には、別の地域の空が、夕焼けで燃えるように赤く染まった。

この映像はSNSに拡散され、「地震の前触れではないか」という声も上がっていた。

しかし、専門家によると、この夕焼けは、空気中に水蒸気などが多く混ざって起きる現象だという。

ネット上で「UFOに似ている」と話題になった雲は、「レンズ雲」と呼ばれる、雲の一種。

湿った空気が山にぶつかって持ち上げられたところに、平らに雲ができる現象で、上空に強い風が吹いたときに見られる。

とはいえ、現地の市長がSNSに「心配しないでください」と投稿する騒ぎになった。

(FNNプライムオンライン1月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース