強制不妊手術めぐり 地裁初...国に賠償命令

社会


旧優生保護法下での不妊手術をめぐる裁判で、地裁判決として、初めての賠償命令。

この裁判は、熊本県内に住む70代の男女2人が、旧優生保護法により不妊手術を強制されたのは憲法違反として、国にそれぞれ3,300万円の損害賠償を求めたもの。

23日の判決で、熊本地裁は「生命の根源的な営みを否定する非人道的なものであり、憲法に違反する」と指摘し、「著しく正義・公平の理念に反する」として、国の主張を退け、国に対し、あわせて2,200万円の損害賠償の支払いを命じた。

一連の訴訟で、大阪・東京両高裁に続く賠償命令で、地裁判決としては初めて。

(FNNプライムオンライン1月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 熊本県