静岡・下田市の“心霊スポット”ホテル 26年前廃業...謎の出火

社会


火災現場は「心霊スポット」として知られ、人が出入りすることがあったという。

22日午前4時半ごろ、静岡・下田市の「旧下田富士屋ホテル」で火事があり、4階建てのホテルの建物が半焼し、警察と消防は、23日朝から合同で実況見分を行っている。

警察や消防によると、ホテルは26年前に廃業し、電気は通っていないとみられ、現場に火の気はなかった。

一方で、心霊スポットとして知られ、人が出入りすることがあったという。

現場は足場が悪く、警察と消防はドローンも使って、出火場所や出火原因を調べている。

(FNNプライムオンライン1月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 静岡県