50代同居女性を刃物で“殺害”「脇腹を...」45歳男を逮捕

社会


警察署の階段を下りてきた、茶髪の男。

殺人の疑いで逮捕された、自称・解体業の桜井朝和容疑者(45)。

同居していたとみられる50代の女性を、刃物で殺害した疑いが持たれている。

事件は、21日午後8時過ぎ、桜井容疑者から寄せられた110番通報で明らかになった。

桜井容疑者「同居している女性が、脇腹を切ったようだ」

これを受け、警察が千葉・鎌ケ谷市の団地にある桜井容疑者の自宅に駆けつけたところ、血を流して倒れている女性が発見された。

女性の脇腹には、刃物で刺されたような傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。

警察が、その場にいた桜井容疑者に話を聞いたところ、自身が刺したことを認めたため、逮捕された。

近くに住む人によると、桜井容疑者が現場となった部屋に引っ越してきたのは、2022年あたりのことだという。

近隣住民「(桜井容疑者の入居時期は去年の)春先か夏ごろだと思うんですけど、(ベランダに)ペットボトルを並べていた。それが、(ハトよけのネットに引っかかり)下の方まで垂れ下がっていた。こっち(外)から見てもきれいじゃなかった。だけどなかなか取らなかった」

警察は、犯行動機のほか、事件に至った経緯についても調べている。

(FNNプライムオンライン1月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 千葉県