東京電力 3割値上げを申請 標準家庭で月2611円アップ

経済・ビジネス


東京電力が、家庭向け電気料金の3割値上げを申請。

東京電力ホールディングスは23日、家庭向け電気料金のうち、半数以上が契約している「規制料金」について、6月から平均29%の値上げを国に申請した。

認可されれば、平均的な家庭の電気料金は、月9,126円から2,611円上がり、1万1,737円になる。

東北・中国・北陸・四国・沖縄電力の5社は、4月から平均で28%から45%の値上げを申請済み。

「規制料金」の上限は国が決めているが、燃料費の高騰により、電力各社は、すでに上限に達していて、電気を売れば売るほど赤字になる状況になっている。

(FNNプライムオンライン1月23日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース