今季最強寒波迫る中…“水道管”の凍結・破裂に注意! 家屋に“被害”のおそれも…対策は【新潟発】

暮らし

今季最強寒波に備え、注意したいのが水道管の凍結だ。水道管の凍結によって、家屋への被害や水道管が破裂するおそれもある。凍結や破裂を防ぐための対策を取材した。

水道管の凍結・破裂 対策方法は?

気温が低くなると心配される水道管の凍結。その発生条件は…


新潟市水道局 管路課 中山郁夫 課長:
―4℃以下が複数日続く、風が5m/s以上の条件が重なったときに、水道管凍結の報告が多く出ている



北向きに水道管が露出している場合、特に注意が必要だ。水道管が凍結してしまうと、最悪の場合、家屋に被害が出るおそれがある。

新潟市水道局 管路課 中山郁夫 課長:
水が出なくなる。これは当然だが、そのあと気温が上昇すると、管によっては割れて漏水する。床や壁・天井が傷む


築年数の経っている家に多く見られるという水道管の凍結だが、その対策は…

新潟市水道局 管路課 中山郁夫 課長:
保温材を巻く。または電熱線を入れる。こういう作業をすると、破裂はまずない。急遽、きょう・あすで対策をやりたいという場合は、ホームセンターで発砲スチロールを買ってきて保温する


それでも、水道管が凍結してしまった場合には…

新潟市水道局 管路課 中山郁夫 課長:
蛇口の所にタオルを巻いて、ぬるま湯を辛抱強くかけるというのが一番。熱いお湯をかけると、蛇口が割れてしまうので、熱いお湯はダメ


蛇口を全開にしてタオルをあてて、上から約50℃のぬるま湯をかけて、ゆっくり解凍することが重要。熱湯をかけてしまうと破裂するおそれがあるため注意が必要だ。


そして万が一、水道管が破裂した場合は、被害を最小限にとどめるためにも、水道メーター内にある止水栓を閉めることが重要となる。

(NST新潟総合テレビ)

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース