東京・中野の強盗で逮捕状請求へ 狛江市の事件と関連か

社会


東京・狛江市で、90歳の女性が死亡した強盗殺人事件との関連が調べられている都内の強盗事件について、警視庁は新たに、犯行グループのメンバー数人の逮捕状を請求する方針を固めた。

逮捕状を請求されるのは、強盗グループのメンバー数人で2022年12月、中野区の住宅に押し入り住人の男性(当時49)を殴ってけがをさせ、現金およそ3,000万円を奪った疑いが持たれている。

この事件では、これまでに永田陸人容疑者(21)ら2人が逮捕されていて、永田容疑者の携帯電話には、1月19日、狛江市の住宅で大塩衣与さん(90)が殺害された強盗殺人事件についてのメッセージが残されていた。

警視庁は、狛江市の事件を含む一連の事件との関連を調べることにしている。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 東京都