五輪汚職 ADK前社長保釈 「起訴内容を認め争わない」

社会


東京オリンピックをめぐる汚職事件で逮捕・起訴された、広告大手・ADKホールディングスの前社長が、保釈金3,000万円で保釈された。

およそ3カ月ぶりに保釈されたのは、ADKホールディングス前社長の植野伸一被告(68)。

植野被告は、大会スポンサーの契約業務をめぐり、大会組織委員会の元理事から便宜を受けた見返りに、賄賂を渡した罪に問われている。

植野被告は、捜査段階で起訴内容を否定していたが、保釈を受け「この度は、皆さまの信頼を損なうこととなり深くおわび申し上げます。起訴内容を認めて争わない決断をいたしました」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース