【速報】高校生ら6人 “密売目的”大麻所持で逮捕 交通事故起こし車内から発見 アジトも摘発 警視庁

社会

無職の少年ら6人が、乾燥大麻を販売目的で隠し持っていた疑いで逮捕されました。

葛飾区の無職の少年ら6人は去年10月、埼玉県のアパートの一室で、乾燥大麻およそ58グラムなどを販売する目的で所持していた疑いが持たれています。

摘発された少年らのアジト(さいたま市)
摘発された少年らのアジト(さいたま市)


警視庁によりますと、逮捕されたのは17歳から19歳の無職の少年や高校生ら6人で、いずれも地元の不良仲間。足立区内や台東区内で交通事故を起こし、乗っていた車の中から大麻が見つかっていました。

その後の捜査で、埼玉県のアパートを家宅捜索したところ大麻と売上金とみられる現金140万円が見つかったということです。調べに対して無職の少年ら3人は、容疑を否認し、ほかの3人は容疑を認めているということです。

押収された大麻など(24日午前 千住署)
押収された大麻など(24日午前 千住署)


(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース