“最強寒波”日本海側で大雪警戒 今夜 都心でも積雪おそれ

社会 気象・災害 暮らし


24日は、10年に一度レベルの強い寒波が列島を襲い、日本海側を中心に、大雪となるおそれがある。

24日夜は、東京都心などでも雪が積もる可能性がある。

強い冬型の気圧配置の影響で、10年に一度レベルの寒波が列島を覆い、東北から九州では大雪となるおそれがある。

24日午前に暴風雪警報が出された福島県内では「雪とかに気をつけて歩く」、「肌に冷たくしみる寒さです。手袋とマフラーは絶対」など、大雪に警戒する声が聞かれた。

北日本から西日本の日本海側で、短い時間に積雪が急に増えるおそれがある。

24日夜からは、東京都心など関東でも雪が積もる可能性があり、路面の凍結などに注意が必要。

また、普段雪の降らない西日本の太平洋側でも、局地的に大雪となるところがあるとみられる。

25日の朝までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、北陸地方で90cm、関東甲信・近畿・中国地方で70cmなどとなっている。

また、各地で非常に強い風が吹き、ホワイトアウトによる事故など交通障害などにも警戒が必要。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 東京都 福島県