【速報】24日夜から都心でも積雪の可能性 “10年に一度”の強い寒波

社会 気象・災害 暮らし


「10年に一度レベルの強い寒波」が列島を襲い、日本海側を中心に大雪となるおそれがある。

24日夜から、東京都心などでも雪が積もる可能性があり、気象庁が注意を呼びかけている。

10年に一度レベルの寒波が列島を覆い、東北から九州では、大雪となるおそれがある。

これまでに、島根・鳥取・山口などに、大雪警報が発表され、東北や北陸、九州などに暴風雪警報が出されている。

各地で非常に強い風が吹き、ホワイトアウトなどにも警戒が必要。

また、北日本から西日本の日本海側で、短い時間に積雪が急に増えるおそれがあり、普段雪の降らない西日本の太平洋側でも、局地的に大雪となるところがあるとみられる。

25日の朝までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、北陸地方で90cm、関東甲信・近畿・中国地方で70cmなどとなっている。

また東京都心など、関東では24日夜から雪が積もる可能性があり、25日の予想最低気温が都心で氷点下2度と、今シーズン最も冷え込む予想。

気象庁は午後2時過ぎ、会見で全国的に気温が下がるとし、道路の凍結などに注意を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース