イノシシ捕獲中にはねられ死亡 道路脇の水路に転落 静岡・沼津市

社会


イノシシの捕獲作業をしていた男性が、トラックにはねられ死亡した。

軽トラックが前に立っていた男性に衝突し、男性は、深さ2メートル以上ある水路に転落したという。

23日午前10時前、静岡・沼津市で、市の職員・片岡文芳さん(75)が軽トラックにはねられ、道路脇の水路に転落し、病院で死亡が確認された。

市などによると、片岡さんは、鳥獣被害対策の業務にあたっていて、わなで捕獲したイノシシを運ぼうと、別の職員が軽トラックをバックさせ停車した時に、誤ってイノシシに乗り上げ、前進しようとアクセルを踏んだところ、前にいた片岡さんをはねてしまったという。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 静岡県