踏切手前...車両で居眠り 51歳女が酒気帯び運転 福岡・北九州市

社会


踏切手前の車で居眠りしていた女が、酒気帯び運転の現行犯で逮捕された。

24日午前0時過ぎ、福岡・北九州市小倉北区のJRの踏切の手前で「運転手の女が車内で寝ている」と、110番通報があった。

警察が駆けつけると、車は急発進し、大きくふらつきながら、50メートルほど走って止まった。

運転していた女は、鼻から空気を出すなど、1時間近く呼気検査に抵抗したが、その後、基準値の4倍以上のアルコールが検出され、酒気帯び運転の現行犯で逮捕された。

逮捕されたのは、自称・無職の阿部優子容疑者(51)で、調べに対し、「何でですか? わたしはお酒を飲んでいません」などと、容疑を否認している。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 福岡県