焼け跡から4人の遺体発見 母親と子ども3人連絡取れず 2階住居から火柱上がる

社会


茨城・行方市で24日朝、住宅が燃える火事があり、焼け跡から性別不明の4人の遺体が見つかった。

現場は、田畑の中に住宅が点在しているような地域。
燃えた住宅を見ると、2階の大部分が焼け落ちてしまっている。

午前5時ごろ、近くを通りかかった人から、「建物の2階から火が上がっている」と119番通報があった。

消防車など、あわせて7台が出動し、火は、およそ2時間後に消し止められた。

警察によると、この家には家族5人が住んでいて、母親と子ども3人と連絡が取れていない。

出火当時、父親は外出中だったという。

火事が起きた住宅は、1階は駐車場で、2階が住居だったという。

空からの映像を見ると、2階の窓際部分が激しく燃えているように見え、鉄骨がむき出しになっており、火事の大きさを物語っている。

近所の人は、当時の様子を「自分が行った時には、2階から火柱が上がっていた」、「(火事の音が)パチパチしてましたよ。建物があって、ガラスがみんな割れちゃって、炎が燃えてる。怖かった」と語っている。

近所の人によると、通報した人は「通りかかった際に救助を試みたが、施錠されていて、中に入れず通報した」と話しているという。

警察は、遺体で見つかった4人の身元の確認を急いでいる。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 茨城県