江ノ電ダイヤ改正 思わぬ余波 71年ぶり...12分から14分間隔へ 地元住民から困惑の声

社会 旅と暮らし


神奈川県の鎌倉市と藤沢市を結ぶ江ノ島電鉄、通称“江ノ電”。

そのダイヤが71年ぶりに改正されることになり、利用する住民たちから困惑の声が上がっている。

利用客の女性(70代)「あー知らない、それは知らない」

まだ十分には知られていない、ダイヤの改正。

利用者が心配するのは、体に染みついたダイヤが変わり、生活リズムが乱れてしまうこと。

利用客の女性(60代)「物心ついた時から、ずっと体が覚えていたんですけど、どうしましょうって感じです」

利用客の女性(60代)「時刻表見ながらいくしか、ないかもしれない。みんな、たぶん暗記しているので」

3月18日からのダイヤ改正では、各列車の運行間隔が、これまでの12分から14分に変わる。

江ノ電の時刻表は、数字がきれいに並んでいた。
鎌倉駅の時刻表は、きれいにそろっていて、覚えやすいのがわかる。

SNSでは、「“7えの”とか“8えの”とか、クラスで集合時間を決めていた」、「15分間隔にすれば、“8えの”ルールが使えるのに」といった声も上がっていた。

午前8時0分発の電車を“8えの”などと呼ぶ、ローカルルールが成立しなくなることを残念がる声。

江ノ島電鉄・阿由葉圭介総務課長「ダイヤに余裕を持たせて、遅延させないということを目的に改訂させていただく」

新型コロナウイルスの影響で、乗客が減少したことも背景にあるといいう。

利用客の女性(30代)「本数減って、(乗車時間)延びるんですね。藤沢までも時々乗るので、結構長いんですよ」

また、駅の停車時間も見直され、鎌倉駅から藤沢駅に向かう場合の乗車時間は、34分から37分へ。

江ノ島電鉄・阿由葉圭介総務課長「通勤でご利用される主なお客さまが、途中の駅からお乗りになりますので、ほとんどのお客さまには関わってこないのではないか」

江ノ島電鉄は、乗車時間に関する影響は少ないとみている。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース