米・コロナワクチン「年1回化」を提案

国際・海外


アメリカの規制当局が新型コロナワクチンの接種を「年1回の推奨」とすることを検討していることがわかった。

FDA=アメリカ食品医薬品局は23日、新型コロナウイルスのワクチンについて「接種スケジュールを簡略化し年一回とする」ことについて検討することを発表した。

今後は、26日に開かれる有識者会議で協議した後、方針が決定する見通し。

また、FDAは接種するワクチンについて、従来型とオミクロン型の両方に対応した「2価ワクチン」に統一することも提案するとしたうえで、インフルエンザも流行株が毎年変化することから、定期的にワクチンを更新することについても触れている。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国