米・アトランタで抗議デモが大暴動に発展 店や警察襲撃 きっかけは

国際・海外


窓ガラスが粉々になった店に、激しく燃える車。
燃えているのは、警察の車両。

消火のために消防車が到着したすぐそばで、爆発音が鳴り響いた。

21日、アメリカ・アトランタで、デモが暴動に発展した。

暴動は、車に花火を投げつけるなど、激しさを見せた。

警察は、この暴動で6人を拘束した。

アトランタ警察「科学者や弁護士でなくても、窓を割ったり放火したりすることは、抗議ではなく、テロ行為だとわかります」

きっかけは何だったのかというと、予定されている警察の訓練施設の建設。

反対していたデモ隊のメンバーである若者が、警察に発砲され、その後、死亡した。

警察は、若者が先に発砲したとしているが、それから3日後に行われた抗議デモが、暴動に発展してしまった。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国