信号無視で衝突 そして... 視界が一変 何が起きた?

社会


雪に覆われた、北海道・旭川市。
映像の撮影者は思いがけない形で、事故に巻き込まれた。

何が起きたのだろうか。

信号が青に変わり、車が進み始める。
対向車が交差点の中央に差しかかったその時、右から信号無視とみられる車が突っ込んだ。

勢いで対向車が後輪を滑らせながら、撮影者の車に衝突し、屋根に積もった雪が一気に落ちるほどの衝撃を受けている。

その直後、最初にぶつかった車から、運転手とみられる人物が降りてきた。

撮影者が1月19日、通勤中に巻き込まれた事故。

事故直後の撮影者の車は、前がへこみバンパーが外れている。

撮影者によると、首の痛みがあるものの、命に別状はないという。

事故当時、路面は雪が踏み固められた状況で、滑りやすくなっていたとみられる。

信号無視の原因はわかっていないが、警察は、こうした道路では交差点付近が特に滑るため、いつでも止まれるよう減速を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 北海道