自転車を盗む姿がカメラに ターゲットは別のものだった?

社会


体の前で腕を交差させ、ふらふらしながら歩く、挙動不審な人物。

そのまま敷地へ侵入すると、カメラの死角へ。

そして、自転車を持ち上げ、外に出そうとした。

そのまま自転車を奪い、走り去った。

千葉県の民家に設置された、防犯カメラの映像。

被害者によれば、この人物は、自転車を盗む前に駐車中の車に対しても、不審な行動を見せていたという。

被害者「2台の(車の)ドアノブをガチャガチャ確認して、鍵がかかっていたからか、1回現場を離れた。5分くらいで戻ってきて、スッと自転車を持って行く」

盗まれた自転車は、子どもが通学に使っているもの。

現場から、500メートルほど離れたところで、乗り捨てられていたという。

被害者「戻ってきたのはいいが、その行為自体が許せない」

被害者は、警察に被害届を提出したという。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 千葉県