「飲んで歌って自然免疫を」 名古屋市・河村市長“コロナ対策”で持論

政治・外交


愛知・名古屋市の河村たかし市長が、23日の定例会見で、新型コロナウイルス対策について、「フランスなど、いろいろ行ってきましたけど、ゼロじゃないですけど、マスクやってる人、日本に比べると圧倒的に少ないですよねという状況が世界のトレンドであって、元気に、みんなでいっぱい飲んでカラオケを歌って、自然免疫をキチッと作るということは基本的な方法であろうと思いますけどね」という発言をした。

“みんなで飲んで歌って、自然免疫と作るのが基本的な方法”と発言した。

現在、愛知県は、新規感染者数が依然高い傾向にあることから、独自に出している「医療ひっ迫防止緊急アピール」を2月19日まで延長。

飲食の際は、1つのテーブルに4人までを目安とし、マスク会食をするよう、呼びかけている。

市の新型コロナウイルス対策部は「市長の個人的な発言で、市の見解ではない。感染拡大中で、大人数での会食は控え、基本的な感染対策を続けてほしい」としている。

こうした市の対応について、河村市長は24日、「コロナにかからないためには、自然免疫が基本ですよ、基本。個人的じゃない。僕だけ(の意見)じゃないですよ。学者がよく言ってますし、どんちゃん騒ぎしろというのはいかんけど、どんちゃん騒ぎとは言ってない」と反論した。

定例会見という、公の場での河村市長の発言。

名古屋市民に話を聞いてみた。

名古屋市民は「それは昭和の発想じゃないのかなって思う。ちょっと軽率な発言じゃないかなと思う」、「あれは絶対ダメです。あんなこと言う市長、嫌です、わたし」などと話した。

一方で、「(今回の発言は)許容範囲かなと、わたしは」、「名古屋 = 河村市長っていうのがあるんですけど、わたしはキャラクター的には好きですね」などと、市長を擁護する声も聞かれた。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース