“統一教会”と「やましい付きあいない」 細田議長“ほぼ非公開”で説明

政治・外交


24日午後2時半、国会近くの議長公邸に、与野党の代表者が集まった。

その中央に座っていたのは、旧統一教会との接点が指摘されている衆議院の細田議長。

マスクはせずに、キョロキョロと周囲に目をやる、細田議長。

教団との接点について、自ら説明することになったが、やり取りの様子は非公開。

細田議長はこのあと、どう説明したのだろうか。

2019年10月、細田議長は、旧統一教会の友好団体が主催した会合で、「きょうの盛会を安倍首相に早速ご報告したいと考えております」とあいさつをしていた。

教団との接点については、2022年、関連団体の会合に8回参加していたことを文書で認めたが、記者会見など、自らの言葉での説明には応じなかった。

こうした中で、ようやく設けられたのが、24日の説明機会。

細田議長は、与野党の代表者に対し、およそ1時間、自ら説明。

2019年の会合で、安倍首相の名前を挙げたことについては...。

自民・盛山議員「『リップサービスで、そういうふうに言った。そのあと(安倍元首相に)報告はしていない。やましいような、つきあいではなかった』と」

また、なぜ自分の言葉で語ってこなかったのかと問われた際の答えは...。

日本維新の会・中司議員「『議長として、公平中立を旨としてやっているのだから、そういうことに答えるのは適当ではない、疑問があるんだ』というようなことをおっしゃっておりました」

立憲民主党の泉代表は、非公開の場での説明を批判した。

立憲民主党・泉代表「結局、不透明なものの域を出ないという状況でありまして、なぜ議長が公の場でしっかり説明をしないのか」

一部の野党は、引き続き、記者会見など公の場での説明を求めていく方針。

(FNNプライムオンライン1月24日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース