若い世代への分配強化 意見出される 政府の諮問会議で

経済・ビジネス


「異次元の少子化対策」のための議論が政府の経済財政諮問会議で始まり、年功序列の賃金制度を見直し、若い世代への分配強化が必要という意見が示された。

岸田首相「若い世帯の所得向上を実現し、未来に希望を持てる社会づくりが重要」

24日の経済財政諮問会議では経済的支援や保育サービスの拡充のほか、若い世代の所得の引き上げなどの対策について話し合われた。

賃上げを進める中で、全世代一律ではなく、若い世代ほど大きく引き上げる試算なども示され、年功序列的な賃金制度の見直しも言及された。

給付などの支援だけでなく、こうした構造的な改革にどこまで踏み込めるかが少子化対策の焦点になる。

(FNNプライムオンライン1月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース