27日にも「5類」引き下げ決定 移行の時期 GW前後で調整

政治・外交


新型コロナウイルスの法律上の位置付けについて、政府が、27日にも「5類」に引き下げる方針を決定する方向で調整していることがわかった。

岸田首相は、新型コロナの感染症法上の位置付けを原則として、この春に現在の「2類相当」から季節性インフルエンザ並みの「5類」に引き下げる方針を表明している。

政府関係者によると、岸田首相は26日、関係閣僚と協議を行ったうえで、27日にも対策本部を開催し、「5類」引き下げの方針を決定する方向で調整している。

また、移行の時期についても合わせて決定する方向で、大型連休の前後を軸に調整している。

(FNNプライムオンライン1月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース