【速報】長崎で車100台が立ち往生 最強寒波 各地で被害

社会 気象・災害 暮らし


10年に一度レベルの最強寒波の影響で、24日夜から各地で大雪に見舞われ、被害が相次いでいる。

長崎県内では、およそ車100台が立ち往生している。

長崎・諫早市の国道207号では、24日からの雪の影響で、車およそ100台が立ち往生した。

けが人や体調不良を訴える人は、いないという。

ドライバーによると、24日の夕方から車が動かなかったということで、車両はそのまま路上に放置されていて、県は、緊急車両の通行を確保するため、放置されている車両等を災害対策基本法に基づき、移動させると発表した。

県によると、25日午前10時時点で、およそ100台の車が止まっていたという。

県は、車の持ち主に連絡を取っていて、連絡がつかない場合、車を道路脇などに移動させるとしている。

(FNNプライムオンライン1月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 長崎県