【速報】第一生命が5%の賃上げ実施へ 生保業界で大幅賃上げの動き相次ぐ

経済・ビジネス


第一生命はさきほど、全国の営業職員を含む社員およそ5万人を対象に、今年4月からベースアップなどで平均5%賃上げする方向で労働組合と協議に入ったと明らかにした。

このうち営業職員については、去年7月に入社5年目までの給与水準の引き上げを行っているが、今回6年目以上の営業職員についても、平均で月額1万円程度引き上げる制度を導入する。あわせてベースアップも行うとしている。

一方、内勤職については、定期昇給に加え、28年ぶりにベースアップを行うとしている。

第一生命は「物価高による実質賃金低下の影響が今後も続くと予想されるなか、社員への還元を増やしたい」としている。

生保業界では、最大手の日本生命が先月、営業職員およそ5万人を対象に、7%程度賃上げする方向で労働組合と調整に入っていて、大幅な賃上げに向けた動きが相次いでいる。

(FNNプライムオンライン1月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース