【速報】各地で大雪 観測史上1位も 「10年に一度」積雪増える見込み

社会 気象・災害 暮らし


10年に一度レベルの最強寒波の影響で、24日夜から各地で大雪となった。

26日も、積雪がさらに増える見込みで、交通障害などに警戒が必要。

全国的に各地で厳しい冷え込みとなり、青森県では、視界が真っ白にふさがれるほどの強い吹雪となっている。

また、24日に顕著な大雪に関する情報が出された岡山県では、24時間の降雪量が、真庭市上長田で93cm、津山市では47cmと、共に観測史上1位の記録的な大雪となった。

北陸などの日本海側では、26日にかけても雪が降り続く見込みで、26日朝までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、東北で80cm、北海道、北陸で60cmなどとなっている。

視界を著しく遮るホワイトアウトや、路面の凍結による交通障害に警戒が必要。

(FNNプライムオンライン1月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース