ツイッター本社ビル 家賃滞納 2カ月で8億8000万円

経済・ビジネス 国際・海外


アメリカのSNS大手ツイッター社が、資金不足で本社ビルの家賃を滞納し、ビルのオーナーから訴えられていることがわかった。

地元メディアによると、ツイッター社は、アメリカ・サンフランシスコの本社が入るビルについて、賃料を滞納しており、オーナーが、賃料の支払いを求めて訴訟手続きを起こした。

滞納しているのは、2022年12月と2023年1月の賃料、あわせておよそ8億8,000万円になるという。

イーロン・マスク氏は、世界各地でオフィスの賃料の支払いを停止していて、イギリス・ロンドンでも賃料の支払いをめぐり、訴訟が起きている。

(FNNプライムオンライン1月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国