19人の乗組員どうする? 座礁した貨物船から救助 沖縄・竹富島

社会


石垣海上保安部のヘリコプターから撮影された映像。
救難士が、ロープがしっかり固定されているかどうか確認している。

第11管区海上保安本部によると、現場は沖縄・竹富島の沖合。

24日、石垣港に向かっていた貨物船が座礁した。

船に乗っていたのは、中国人の乗組員19人。
隊員の指示を受け、脇を締め、拳を胸の前で握る。

ヘリへの引き上げが始まった。

左右に振られながら上昇する、2人の乗組員。
下に白い波頭が広がる中、乗組員は無事、ヘリにたどり着いた。

19人全員が救助されるまでにかかった時間は、およそ3時間半。

波がうねりをあげる中、座礁した船から、乗組員が引き上げられている。

この時、周辺の波の高さは5メートル、風速32メートルの猛烈な風が吹いていた。

現場は、国内最大のサンゴ礁が広がる海域。

石垣海上保安部は、油漏れなどがないか、巡視船で監視を続けている。

(FNNプライムオンライン1月25日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 沖縄県